LIXILリフォームショップ丸光建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0120-503-198

LIXILリフォームショップ丸光建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0120-503-198

台風時の不安を解決・・・!!!

みなさま、こんにちは!!

LIXILリフォームショップ 丸光建設です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

 日本に上陸する台風は年々大型化し、全国各地に甚大な被害をもたらしています。地球温暖化の影響により、台風は今後ますます強大化していくことが懸念されており、その脅威から家族と暮らしを守るためには、事前にしっかり備えることが大切です。

                     

住まいの中で台風の影響を受けやすい場所の一つは「窓」の部分だと、ご存知でしょうか。

 飛来物が当たってガラスが割れると室内が危険な状態になってしまいます。瓦、屋根材、傘など軽量の物は強風で飛ばされやすいので、もし窓ガラスに当たると、ガラスが割れて室内に破片が飛び散るとケガになるケースがあります。また、ガラスが割れ、その破損部分から強風が一気に室内に流れ込み室内の圧力が高まると、屋根が吹き上がって大被害になり恐れもあります。

               

台風が来ると、本当に恐いですね!!!

 近年では、台風が近くまで来ると、養生テープや段ボール等を買いに行く姿が見られたりもします。なぜそれらを買いましたか?と聞いてみると、窓ガラス単体に貼ると、強風が吹いてもガラスが割れないという返答でした。

            

 でも、実際に調べてみると、養生テープ等で窓の耐久性を上げる効果はないという事でした。なぜかというと、窓ガラスに養生テープを貼るのは、あくまで割れてしまったガラスが部屋の中に小さく飛び散らないようにするためのもので、ガラスそのものを「割れないようにする」というものではないのです。

では、どのような対策をしたら良いのでしょう?

残念ながら、台風の時「ガラスが割れないようにこうするべき」などという対処法は基本的にはありません。

まずは、シャッターや雨戸などを閉めるなどの対策が必要となります。

シャッターや雨戸などを設置していないお家は以下にてご参考頂けたら幸いです。

   ① リフォームシャッター

強風対策としてはもちろんですが、住まいの防犯や防音もアップします。「標準タイプ」・「耐風タイプ」は、スラットが抜けにくい構造で、ガイドレールも強度アップしています。電動スイッチでしたら、大雨でも濡れずに開閉できます。

                    

    ❄ スマート電動・電動シャッターでしたら、スマートフォンでも操作が可能です。

             

   ② リフォーム雨戸

わずか2時間で壁の上から簡単に後付け可能です。台風時の飛来物や侵入者から住まいを守ります。
    ※ 現場によって施工時間は異なります。