LIXILリフォームショップ丸光建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0120-503-198

LIXILリフォームショップ丸光建設

お見積・ご相談・お問い合わせはこちら 0120-503-198

ベトナムのお正月について☆☆☆

みなさま、こんにちは!!

日本のお正月はもう終わりましたが、ベトナムのお正月はこれからです。ベトナムでは約1か月後にお正月を迎えます。

コロナが流行する前は、日本に来るベトナム人の増加と共に、ベトナムに行く日本人も増えてきていたそうです。ベトナムのお正月はどんな雰囲気なのかご存知ない方もいらっしゃると思いますので、今回はベトナムのお正月についてご紹介したいと思います。

                    

色々な写真と共にご紹介しておりますので、是非最後までご一読ください。

では、一緒に見ていきましょう!!

ベトナムではお正月のことを「Tết」(テト)と呼び、旧暦でお祝いします。祝日の少ないベトナム人にとって、この期間は1年で一番大事なイベントです。今年のテトは2021212となります。テト前後は会社や学校などは1週間から2週間のお休みとなります。

毎年、テトの元日の1週間前にあたる旧暦1223(つまり今年25)はベトナムで「Tết Ông Công Ông Táo」(オンコン・オンタオの日)と呼ばれる台所の神様の日となります。簡単に言うと、台所の神様が一家の1年の善悪を報告するため鯉に乗って天に昇る日です。

                     

ベトナムの人々はこの日に神様が無事に天に昇れるよう、鯉を湖に放したり、紙で作った鯉や冥器を燃やしたり親戚の集まりやパーティで大盛り上がったりする習慣があります。お供え物としては衣服、帽子、履物、鯉といった伝統的な紙製の冥器です。

                      

オンコン・オンタオの日が終わってから、ベトナムの人々はテトの準備をしていきます。

ベトナムでは昔からの慣習で、テト前の旧暦1223日~30日は、家族みんなで集まり先祖のお墓を掃除したり、お香や果物やお茶を供えたりします。

また、テトの元日の4日前に、「Bánh chưng」(バィン・チュン)というちまきのようなものを作って茹でます。家族みんなで一緒に包んで1日茹でます。

            

バィン・チュンが終わりましたら、町や家の掃除・飾り付けをしたり、買い物や料理をしたり、親戚にテト前のプレゼントを贈ったりして、人々はテトの準備で忙しくなります。

211日(旧暦1230日)はほぼ年の最後日であり、飾り付けるキンカンの木や桃の木は安くなるので、この日に買いに行く人が多いです。また、210日、11日は家族みんなで集まって忘年会を行います。これは普通の食事の形で、先祖の供物台と大晦日に外に置いたテーブルの上に供えます。